このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションの賃貸経営を勧める営業はテレアポが多い

ワンルームマンションの賃貸経営を勧める営業は何故かテレアポの手法を使っている会社が多く、しつこい電話にトラブルが起きないか心配です。営業担当者は何も嫌がらせをしようという意図はないのでしょうが、電話を受ける相手にしてみれば求めてもいない営業トークに不快感を覚えるのでしょう。お互いに失礼の無いよう冷静に対応することができれば良いのですが、そこまで人間が出来ている人は少ないようです。営業担当者は全ての人に聞いてもらおうとするのは無理があります。相手の反応によっては速やかに引き下がることも必要だと思うのです。

しかし、会社の管理者はアポイントが取れない社員に対しては軍隊と勘違いするくらいの態度で接する場合もあり、そのせいで営業担当者はしつこく会話をしたり説明をしたりするのです。その方法では永遠にアポイントは取れないどころか、会社のイメージを悪化させるだけなのです。たまたまタイミングが良くて話を聞いてくれる人に巡り会える確率は1パーセントも無いでしょう。従って99%の人にはどんなに粘っても無理だと理解することが重要です。その上で潔く礼儀正しく引き下がることを会社の上司は教えるべきだと思います。結果はそれほど変わらないと思います。

住まいや賃貸、ココを一度覗いて下さい

  • 賃貸ファンも涙する!こんなサイトが欲しかった!賃貸専門データベース
Copyright (C)2015チェックポイントを抑える.All rights reserved.